最新記事 -New Posts-

色の不思議『ピンクの呼吸』

色の不思議

 

ピンクの呼吸

色は、私たちの心に働きかけてくれます。私は、不思議な体験をしています。「部屋中を真っ白にしたい。」そんな衝動にかられたことがありました。白には白の意味があります。それは、またの機会にお話し致しますね。今回は、ピンクについてのお話です。丁度、この記事を書いている時が、3月、春なので、ピンクについて、中でも『ピンクの呼吸』についてお話致します。

 

春によく出る身体の症状 

春は、自律神経が乱れやすいということは、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。春は、交感神経の働きが優位な状態(緊張状態)が続きやすくなります。

・疲れがたまりやすい

・免疫力が下がる

・身体が冷える

・寝つきが悪くなる

・肩腰が痛くなる

・胃腸の働きが落ちる

等の症状が出てくると言われています。

それは、朝晩の寒暖差や環境の変化によるストレスから生じるものだと言われています。

そこで、こんな対処方法をお伝えしようと思いました。

 

カラーブリージング『ピンクの呼吸』 

これは、色の効果を使った、“カラーブリージング”という、呼吸です。実際、私は、“オーラソーマ”を学んでいる時に、行っていました。特に春は、『ピンクの呼吸』が効果的です。

 

『ピンクの呼吸』の効果 

1.リラックス効果がある

ピンクは心理的に興奮状態を落ち着かせ、緊張をほぐし、リラックスさせる色。筋肉をほぐし、いらだった神経を鎮めてくれます。

2.女性ホルモンをアップする

血行を促し、女性ホルモンの働きを高めてくれます。

3.頭痛を軽くする

脳に酸素が送られることで、交感神経を刺激し、頭痛を軽くしてくれます。

 

これらの効果は、一般的に私たちがピンクから連想する物や言葉が関係しています。

 

ピンクの効果 

ピンクから連想する物・言葉は、やすらぎ喜び解放感花(特にバラ)など、幸福な気分をイメージしませんか?そして、新しい可能性を開花させてくれる色でもあります。ピンクなどの淡いパステルトーンは、リラックスさせてくれる色なのです。

 

『ピンクの呼吸』の方法 

1.体内の毒素を全て出すイメージで息をゆっくり吐いていきます。

2.ピンク色を思い浮かべて、ピンク色の空気を吸うイメージで吸い込みます。

3.息を止めて自分のきれいになりたい部分にいきわたるイメージをします。

4.老廃物を吐き出し、ピンクを体内に残すイメージで、息を吐きます。

これを3回繰り返す。という方法です。

宜しかったら、『ピンクの呼吸』を試してくださいね。

 

いかがでしょうか?少しでもお役に立つと幸いです。素敵な春をお過ごしください。春には、ピンクをイメージしてくださいね。

YouTubeの動画も用意致しました。話し方が硬いですが、宜しかったらご視聴下さいませ。