格式高い正礼装は、“ローブモンタント”と“ローブデコルテ”が基本

ドレスコード

こんにちは。
クリエーター&アナリストの
HATSUE・IKEBEです。
 
 
今回は、
女性の昼と夜の正礼装
についてご紹介します。
 
 
(余談ですが、
アパレルデザイナー時には、
正礼装をデザインしていました)
 
 
 
 
 

女性の格式高い「正礼装」

 

昼の正礼装

 
昼の時間帯の
格式高い結婚式・披露宴、
記念式典(創立記念・落成式など)、
公式行事(園遊会、叙勲)の
ドレスコードは、
正礼装という装いにします。
 
 
それは、
宮中服の
“ローブモンタント”
原型になっています。
 
 
 
衿元がつまっているか高い衿で、
袖は長袖か7~8分丈です。
 
 
露出度が少なく、
ロングからノーマルな丈
(ひざ下位から)までよく、
ワンピースが正式ですが、
アンサンブル・ツーピース・スーツ
でも構いません。
 
 
和装では、
留袖や振袖に相当します。
 
 
素材は、シルクが一番で、
ニットやカットソーは避けて下さい。
上品な光沢が良いですよ。
 
 
織は、
ジャガード・シャンタン・
タフタ・ジョーゼット・
変わり織など
上品な織柄かレースや刺繍が
良いですよ。
 
 
ラメやスパンコールなどの
光り過ぎはNGです。
 
 
アクセサリーは、
パールが一番です。
 
 
バッグは小型で光を押さえた
布製かレザー。
 
 
バッグと靴を
ドレスの生地とそろえると
一番上品ですが、
なかなかそれは‥。
(でも、実際、デザインして
作っていましたよ。)
 
 

夜の正礼装

 
夜の時間帯の
格式高い結婚式・披露宴、
公式の儀式、晩餐会、
またこれらに準じるオケージョンの
正礼装は、
“ローブデコルテ” 
になります。
 
 
 
 
 
胸・肩・背中などを
大きくくったワンピース
スタイルです。
 
 
袖の無い物が主流ですが、
ストラップ・ワンショルダー・
オフショルダーの袖・
ケープ・ロール衿などが
あっても良いですよ。
 
 
は、フロアー丈か
足先が覗くヒール丈になり、
スカートの後ろは
裾が引くトレーンが
主流になります。 
 
 
素材は、
やはりシルクが主体で、
織はサテン・ジャガード・
タフタ・シフォン・
オーガンジー・
レース・刺繍などで、
昼の素材より光沢があるもの
でも良いです。
 
 
プリントはあまり使いません。
 
 
アクセサリーは、
豪華な宝石類、
ダイヤ・エメラルド・ルビーなどで。
 
 
バッグは、
小型で光沢のあるもの。
 
 
靴は、
ドレスと調和するヒールパンプスや
オープントゥ。
 
 
やはり、バッグと靴が
ドレスと共の素材は
間違いありません。
 
 
金・銀なども派手過ぎなければよく、
ビーズなどの光りも取り入れられます。
 
 
 
いかがでしたか?
参考になりますと幸いです。
 
 
また、お会いできますとうれしいです。
 
 
 

参考:jafa日本フォーマルウェアスタンダーズマニュアル