結婚式・披露宴・祝賀会に列席される時の装い、昼の準礼装(女性)

ドレスコード

こんにちは。
クリエーター&アナリストの
HATSUE・IKEBEです。
 
 
フォーマルウェアーの
ドレスコードを気にする時で、
一番多いのは、
結婚式・披露宴ですよね。
 
 
ご両親・ご親族の方でしたら、
「正礼装」が一番格は高く、
アフタヌーンドレスや
和装の留袖や振袖になりますが、
それでは改まりすぎ
と思われる時は、
「準礼装」にします。
 
 
今回は、
その「昼の準礼装(女性)」
についてお伝え致します。
 
 
 
 
「準礼装」は、
一般的な結婚式・披露宴・祝賀会に
列席する場合に対応できる装いです。
 
 
主催者や主な立場の方も
場合によっては「準礼装」も装えます。
 
 

昼の準礼装

 

スタイル

セミアフタヌーンドレスと呼ばれる
ワンピース・アンサンブル・ツーピース
になります。
 
 
     
 
 
正礼装ほど改まらず、
その時の流行を取り入れられます。
 
 
和装では、色紋付・訪問着に相当します。
 

生地

♦柄
 
正礼装は無地や紋織でしたが、
準礼装は、無地感覚の水玉などの
小紋柄・花柄など
フェミニンな柄も選べます。
 
 
♦素材
 
シルキーな素材が一番ですが、
ウールなども細い糸で織られた
ジョーゼット、モスリン、
クレープ、ボイルなども使えますし
シャネルスーツに代表する
ファンシーツィードや
ドレッシーなニットやレース
も使えます。
 

スカートの丈

 

 
ひざ下のノーマル丈かミモレ丈
が通常ですが、
その時の流行によって、
上下しても構いません。
 
 
年齢によっては、
短くなり過ぎないほうが
良いですよ。
 

アクセサリー

 
♦ネックレスなど
 
準礼装は、
正礼装のアクセサリーを付けることで、
格が上がります。
 
準礼装として装うときは、
金や銀の金属に
パールなどがあしらわれているもの
を用います。
 
 
♦バッグ
 
小型から中型で、
牛革・スエード・エナメルなど。
手提げ型・ショルダー・クラッチなどです。
 
 
♦靴
 
牛革・スエードなどを用いて、
中ヒールからハイヒールで、
服に合わせて
少しドレッシーなものを選びましょう。
 
 
♦その他
 
手袋があるとよりフォーマルです。
 
 
いかがでしたか?
参考になると幸いです。
 
 
また、お会いできるとうれしいです。