最新記事 -New Posts-

「清楚」なイメージに装う

イメージをつくる装い

 

「清楚」という言葉にどんなイメージをお持ちでしょうか?「清楚」という言葉は、女性を対象とした言葉で、男性には使いませんね。そんな言葉の為か、「清楚な女性」は男性にとって、好印象のイメージですよね。今の時代、女性は、演出したいイメージはそれぞれ違うと思いますが、もしあなたが、「清楚」なイメージを演出したい。と、思った時には、これから紹介する内容を参考にしてください。

 

「清楚な女性」とは?

 

一般的なイメージを言葉で表すと、内面的には、「慎ましい」「清潔」「礼儀正しい」「丁寧な言葉使い」「優しい」「気遣いがある」等々。外見的には、「ナチュラルなメイク」「自然のままの髪の色」「落ち着いた装い」等でしょうか。ここでは、外見的なイメージ創りの為の装いをお伝えしていきます。

 

「清楚な装い」って?

「清楚な装い」には、イメージする言葉を演出するには、落ち着きと清潔感が大切ですね。地味にならず、派手にならずが大切です。

 

「清楚」な服の形

清楚な装いには、「上品」、「知的」、「清潔感」をテーマに装うのがおすすめです。

1.露出度をおさえる

2.ソフトなデザインディテール

3.体型に合ったサイズ

でしょうか。

 

1. 露出度をおさえるスタイルは?

胸元が大きく空いていたり、肩が出ていたり、スカートの丈がミニになりすぎてはいけません。生足もNGですよ。

 

2.ソフトなデザインディテールとは?

直線的なデザインや男性的なデザインは、「できる女性」を演出するには、大切な要素ですが、「清楚」を装うには、おすすめではありません。曲線的なデザインディテールが欲しいところです。

フリルやギャザーは、おすすめのディテールです。分量に注意して派手になりすぎないものを選びましょう。ドレープなども良いですね。

リボンも良いかと思いますが、甘すぎないようにさりげないものにしましょう。

ジャケットを選ぶ時は、素材は、かっちりしすぎず、よれよれしないものにします。

衿の形は、シャープすぎないことが大切です。

 

3.体型に合ったサイズの大切さ

ぴったりし過ぎていると、生々しいですし、大きすぎるサイズは、だらしなさを感じます。

 

「清楚」な服の色

人が五感で得る情報のうち、87%が視覚と言われています。また、「視覚の80~90%を占めるのが色」という記述を読んだことがありますし、「人は、形と色を同時に認識する。形だけ、色だけを認識するより、記憶の反応が速い」という研究結果を読んだことがあります。意見は異なりますが、色は、かなり重要な要素だということは、分かっていただけたのではないでしょうか。

一般的に感じられている「清楚な色」を上げてみました。

グリーン、青、紫の色味の淡い色です。これが、「清楚」な色として、一般的に感じられている色です。装う時、この色だけでは、難しいですよね。私的には、紺・白・グレーと合わせていくと、良いと思います。

 

参考の着こなしです。

デザインはシンプルにしています。華美にならないことと、寂しすぎないことに注意していただいて、装ってくださいね。参考になると幸いです。